コラム6.美容と健康に、良い油とは?

コラム6.美容と健康に、良い油とは?


こんにちは✨

♥ ココナッツオイル GF Diet ♥

アドバイザー anc.あんこ と申します🌷

みなさま✨

楽しくダイエットをされておりますか?

今回は、

美容と健康に、良い油とは?

お伝えして参ります✨

油の種類

料理などに使用される「油」は、

3つに分類されております✨

〇 海の油

「オメガ3系脂肪酸」血管の炎症を抑える

青魚などに多く含まれるEPA・DHA豊富

EPAは、血液中の血栓(血の塊)を防ぎ、

血管の炎症を抑制・動脈硬化予防。

DHAは、脳に送られ、

神経細胞を構成する大切な要因。

脳卒中・心筋梗塞リスク低下、

強い抗炎症作用があり、

全身の血管を守り丈夫にする。

善玉コレステロールを増やし、

アレルギーや炎症も抑制。

✖ 陸の油

「オメガ6系脂肪酸」血管の炎症を引き起こす

豚肉や鶏肉、コーン油・サラダ油・

ベニバナ油・ナタネ油などの

植物由来に多く含まれるアラキドン酸

(リノール酸・γリノレン酸など多く含む)は、

血管の炎症を招き血栓が出来やすくなり、

動脈硬化を進行させる。

善玉・悪玉コレステロールを減らす効果があるが、

アレルギー症状などを促進する可能性がある。

〇 植物の油

「オメガ9系脂肪酸」 特に酸化しにくい

オリーブオイル・こめ油・アーモンドオイル・

アボカドオイル・マカダミアナッツオイルなどの

不飽和脂肪酸の中でも特に酸化しにくい

オイレン酸パルミトレイン酸なども多く含まれ、

人間の体内で生成することができる一価不飽和脂肪酸

悪玉コレステロールのみを抑制し、

動脈硬化・心臓病・高血圧予防に効果あり。

オメガ6の植物油は、

ヘルシーで健康的なイメージがありますが、

事実は間違っております。

豚肉・鶏肉の脂身には、

アラキドン酸が含まれるため、

過剰摂取は、おすすめ出来ません。

健康長寿に役立つのは、

赤身の牛肉です✨

このことから、

オメガ6系脂肪酸を多く使用する

野菜天ぷらなどはカラダに悪影響です。

オメガ3系オメガ9系脂肪酸が安心です♥

大注目の油とは?

基本的に、

常温で固まる油は、飽和脂肪酸です。

動脈硬化を進行させる悪者とされています。

最近では、

飽和脂肪酸の一種の『中鎖脂肪酸』

認知症予防の救世主として注目されています。

特に、ココナッツオイル

ココナッツミルクなどに多いため、

美容と健康の必需品です✨

これに対し、

常温で固まらない油不飽和脂肪酸は、

ヘルシーなイメージがありますが、

その常識が間違っていると

近年の研究結果で判明しております。

💕ココナッツオイル GF Diet💕では、

美容と健康とダイエットのために、

飽和脂肪酸の一種 中鎖脂肪酸

『ココナッツオイル』が必需品です✨

カラダの中から、キレイになりましょう✨

前へ ← 次回: 7.過激なダイエットは、ダイエット効果あり? 次へ

シェアする